top of page

Wifiルーター

エレコムは8月10日、過去に販売していた一部Wi-Fiルーターに脆弱性が見つかったと発表致しました。対象製品は2017年2月以前に発売したもので、いずれもすでにアップデートサービスを終了している様です…悪用された場合、攻撃者によって任意のコマンドが実行される可能性があるため、同社は代替製品への切り替えを勧めているとのこと…。


 対象製品は15年9月~17年2月に発売したエレコムブランドの14製品と、子会社のロジテックが09年10月~13年5月に発売した12製品。製品発売当時には存在しなかった脆弱性であり、すでにアップデートサービスの期間を終えているため、別の製品への交換(買い替え)でしか対応できないとしているみたいです💦


 エレコムは公式X(元Twitter)アカウント(@elecom_pr)で「本件、力及ばず謝罪するしかできません。誠に申し訳ございません。ご協力の程、よろしくお願いいたします」と投稿していました。

Kommentare


bottom of page